概要

TCFDサミットとは

2019年6月のG20大阪サミットで合意した「環境と成長の好循環」を実現するため、ファイナンスの流れをイノベーションに向けるグリーン・ファイナンスの推進が重要です。世界でTCFD(気候関連財務情報開示タスクフォース)の賛同数が増加している今、環境と成長の好循環の加速に向けて、TCFD提言を実務に定着させるための国際的な議論を日本がリードしていくことが求められています。

こうした考えから、2019年10月、世界の先進的な取組を行っている産業界・金融界のリーダーが集結し、TCFDの課題や今後の方向性を議論することを目的として、経済産業省は世界初となる「TCFDサミット」を東京で開催しました。

第1回TCFDサミットでは、TCFDコンソーシアムが、投資家が企業の開示情報を評価する際の指針となる「グリーン投資ガイダンス」を公表するなど、様々なイニシアティブが共有されました。さらに、TCFDが低炭素経済への移行に向けた民間投資を促進する上で重要な役割を果たしており、TCFD提言の履行に向けた取組に集中するためにも、世界の産業界、金融界、政府、規制当局、国際機関等を含む幅広い利害関係者をまとめるための継続的な努力が必要である、という認識を共有しました。

この認識に賛同し、更なる前進に向けて行動するTCFDコミュニティが世界に広がり、TCFDが継続的に重要なプラットフォームと推進力を提供するよう、本サミットはベストプラクティスの共有や幅広い関係者が議論し、更なる努力をコミットメントする場となっています。